きらら人材ステーション

秋田市の看護求人・介護求人は【福祉・医療のお仕事相談窓口 きらら人材ステーション】へ!

新着情報

看護・介護転職の際、面接でよく聞かれることとは??

今回は転職を成功させるために面接で気を付けるポイントや、よくある質問等をご紹介致します。


転職を成功させるためには?

キャリアやスキルなど、これまで自分が培ってきた経験は転職の時にはとても重要です。
しかし、キャリアやスキルがあれば転職が成功する訳ではありません。
どんなに優秀なスキルを持っていても、面接で自分の魅力をアピールできなければ、失敗する可能性があります。
そのため、ここでは転職を成功させるために面接で気を付けるポイントや、よくある質問等をご紹介致します。

面接で気を付けるポイント

・マナーを見直す
看護師・介護士は会話などのコミュニケーションも大事な仕事の一つです。
そのため、面接官は礼儀作法や言葉遣いなどを見て判断しています。
ですが、普段から利用者さまとコミュニケーションを取っている方であれば、変に意気込む必要はありません。
マナーについてしっかりと見直したら、当日は自然体のまま落ち着いて面接ができるように心掛けましょう。

・面接官の立場を考える
面接は自分の立場で物事を考えていると、自己主張が激しくなってしまう可能性があります。
しかし、面接官の立場で物事を考えれば、「何を求めているのか」がわかるようになってきます。
「質問の意図を相手の立場で考えてから」自分の考えをまとめられるように、練習しておきましょう。

・熱意や自主性をアピールする
面接官は仕事に対する熱意や向上心を見ています。
ですが、その場で思ったことを口にしてしまうと、自分の魅力を上手く伝える
のは難しくなります。
そのため、好印象を与えるためには、具体的な目標や自分の考えなどを予め考えておくことが大切です。

看護師・介護士の面接でよくある質問

・志望動機
志望動機の質問は面接の定番と言っても過言ではありません。
この質問は「自分が良いと思ったこと」ではなく、「志望先にどう貢献できるか」を主軸にして、答えられると良いでしょう。

・退職理由
退職理由は様々かと思いますが、不可抗力となる事情以外はネガティブな印象を与える可能性があります。
そのため、面接の場ではなるべく前向きな回答をするようにしましょう。
退職の理由を正当化しようとしてしまうと余計に印象は悪くなってしまうため、「経験が活かせる」「理想が実現できそう」などの表現を加えるのが理想的です。

・医療・福祉の志
こちらも面接では定番の質問で、「なぜ看護師・介護士を目指しているのか」という質問を通してあなたの人柄や性格を見ています。
自身の信念を「わかりやすく、明確に」伝えられるように、整理して考えをまとめておくと良いかと思います。

・実務経験
勤務期間や業務内容などを大まかにまとめて、長くなりすぎないようにポイントを押さえて簡潔に伝えましょう。
また、過去の失敗や苦手なことなどを質問した上で、「失敗を次に活かしているかどうか」を判断されることもあります。
こちらの質問に対しては具体的なエピソードを交えて、どのような対策をしたかアピールできると印象が良くなります。

・勤務開始時期
面接の最後に聞かれることが多い質問です。
目安となる勤務開始時期は内定が出てからおよそ1ヶ月程度ですが、人によっては退職手続きや引き継ぎなどがあることも考えられます。
このような場合は勤務開始時期を申し出た後に、現在の状況を伝えるようにしましょう。

書類では伝わらない魅力をアピールしましょう!

面接は転職を成功させるための大きなポイントです。
そのため、まずは面接の準備やイメージトレーニングをして成功への第一歩を踏み出しましょう。
「面接が不安…」という方も、予め整理しておけば面接時に慌てる必要はなくなるので、自信を持って面接に臨めます。
転職を成功させる秘訣は、書面では伝わらない魅力をアピールしつつ、マイナス印象を与えない回答を考えておくことです。