Menu

トップページ

Home

介護職の施設にはどんな種類がある?

基本的に身体介護は介護資格保有者でなければいけませんが、
要介護者の身体に触れなければ無資格でも仕事をすることができるので、
介護資格のない人でも随時募集されています。

・特別養護老人ホーム(特養)
・有料老人ホーム(有料)
・介護老人保健施設(老健)
・認知症型グループホーム
・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
・ケアハウス・軽費老人ホーム
・小規模多機能型居宅介護
・ショートステイ

・特別養護老人ホーム(特養)
特別養護老人ホームには原則要介護3以上の比較的重度な方が入所します。
自治体や社会福祉法人に運営されている場合が多く、公的なイメージの強い施設になります。
特養では終身利用も可能なので長期入所したいという方から人気の施設です。
また比較的要介護度の高い方のための公的介護施設なので24時間体制で手厚い介護を求められます。

・有料老人ホーム(有料)
民間企業によって運営されている有料老人ホームは大きく分けて「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」の二つに分かれます。
「住宅型有料老人ホーム」はあくまで高齢者向け住宅という位置づけで、住宅型有料老人ホームで介護サービスを受ける場合は訪問介護やデイサービスなどと契約を結んで
受けることがほとんどです。
一方、「介護付き有料老人ホーム」では、それに加え介護サービスも受けることが可能となります。

・介護老人保健施設
介護老人保健施設は医療法人や社会福祉法人などによって運営されている公的な介護保険施設で、
医師常駐、医療管理下での看護や介護の下、病院から退院した高齢者が自宅での生活に戻れるよう
自立生活を目指しながら医療ケアやリハビリを受けることができる施設です。
また、介護老人保健施設は「通所リハビリテーション」や「ショートステイ(短期入所療養介護)」を

運営しているケースも多くあります。
・認知症型グループホーム
認知症型グループホームは認知症の高齢者が9人までの少人数を1つの単位(ユニット)として共同生活をする施設です。
入居者は全員認知症の症状がある方なので、認知症ケアに興味のある介護職に向いています。
グループホームはほかの施設に比べ、少人数の施設になるので、比較的家の中のようなアットホームな雰囲気になります。
働くスタッフも少人数になるので、少人数でのコミュニケーションが得意な方にはぴったりの職場かもしれません。

・サービス付き高齢者向け住宅
「サービス付き高齢者向け住宅」では生活相談や見守りサービス、場合によっては食事提供、コンシェルジュサービスなどの提供をしています。
位置づけとしては、住宅型有料老人ホームと同じく、「高齢者のための住宅」という位置づけです。

・ケアハウス・軽費老人ホーム
ケアハウス・軽費老人ホームは地方自治体や社会福祉法人など主に公によって運営されています。
軽費老人ホームは介護保険上では「住んでいる家」として扱われます。
なので、様々な他のサービスを受ける場合には外部の介護保険サービスを別途委託して利用することとなります。
中には都道府県から「特定施設入居者生活養護」の指定を受け、特別養護老人ホームと同等の介護サービスを提供している場合がありますので、
事前に業務内容を確認することをお勧めします。

・小規模多機能型居宅介護
小規模多機能型居宅介護は2006年の介護保険制度改正で生まれた新しい介護保険サービスです。
自宅暮らしの高齢者を「デイサービス」「訪問介護」「ショートステイ」の3つから複合的に サポートを行うサービスです。
地域密着型のサービスなので、利用者は自分が住んでいる市区町村の事業所と契約を結ぶのが原則です。

・ショートステイ
ショートステイは、家族の介護負担を軽減するためや、家族の不在時の宿泊先として利用される場合が 多く、連続利用日数30日までの短期間での入所になります。
仕事内容としては、身体介護・生活援助の両方があります。
利用者は慣れない環境での滞在となるので、利用者の不眠、昼夜逆転、疲労、食欲不振などに対応していく力が求められます。

・デイサービスセンター(通所介護)
デイサービスセンターでは、利用者を自宅まで迎えに行き、日中に食事や入浴、機能訓練などを施設で行います。
デイサービスではレクリエーションの企画運営も業務内容になり、日ごろ自宅にこもりがちな高齢者が施設で新しい
コミュニティに属すことにより、活力を与える役割があります。

・デイケア(通所リハビリテーション)
デイケアには介護職のほかに、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医師なども勤務しており、
リハビリテーションが必要な方や医療的なケアが必要な人たちが2~3時間単位など比較的短時間での利用をします。
業者によっては、リハビリだけではなく、入浴や食事サービスを行う業者も増えつつあります。